ブログ

「青二才」「青いね」を英語で言うと

「君はまだ青二才だね」「まだまだ青いね」なんてことを英語で言いたい時、あなたならなんて言いますか?

日本語だと「青」が使われるから英語でも「blue」と思うかもしれません。

でも違うんです。

ヒントは、「野菜」

感の鋭い人なら、わかったでしょうか。

わかからない人のためにもうひとつヒント「信号」

これでわかったのではないでしょうか。

日本人はなぜか、緑のものを青と言うらしい。なんでですかね。

緑の野菜を青(物)野菜というし、信号の緑を青という。

そこから考えると青いは「緑」ということで正解は「green」になります。

「まだまだ青いね」、「青二才だね」は英語で「You are green.」になります。

これを間違って「You are blue.」なんて言ってしまうと「悲しんでしょんぼりしている人」になってしまいますのでご注意を!!

ついでに「a blue film」は悲しい映画ではなく、「ポルノ映画」になってしまいますので、これも間違って使わないように気を付けてください。

最後におまけ。野菜はもちろんみんなが知ってる「vegetables」(ベジタブル)だけれど、「greens」って言っても野菜を意味するので覚えておきましょう。

関連記事

Comment are closed.
ページ上部へ戻る